FC2ブログ

航星日誌

Yの買取中止に続きIも買取中止に、今後は買取はSに集約されるようだ。
単純に買取が減っているのが要因と思われる、フリマに客を取られ続けているのだ。
以前も指摘したように同種のCDが複数枚在庫があると買取価格は極端に下がる。
それがシングルだろうがアルバムだろうが関係なく1円10円レベルであるならば
数百円でも需要があるフリマに走るのは当然だと思う、勿論リアル店舗は
家賃や人件費がかかるのでどうしても安く買い叩くのは仕方ないのだが...。
他の業種でもリサイクル系はフリマに客が流れているのでこれはCDに
限ったことではないから世の流れでもあるが当然今後はYもIもCDの
販売を縮小していくだろう、幸いにして両店ともにHのように独立した
スタイルではなく服屋の中にコーナーがあるといった店舗なので
そういう点ではまだ今すぐ撤去とはならないと思うが今後は未知数だ。
Yは一度も来店したことがないしIに限っては数年行ってないので
特段僕には何の影響もないしCDの購買意欲が失せている現状では
何も思うことがない、N氏からこの話を聞いても「ふーん」程度であった。
個人的にはSとP、あとはLH辺りが残れば他は淘汰されても別にいい。
Pに関しても厳しいとは思うがリユースDVDも並行して販売を始めたし
営業時間も延長されたことから何とか店としては数年は生き残るのでは。
Pの良いところはオンラインの商品も店頭で受け取れることにある。
このシステムがないのならば全く利用価値はないのも微妙な部分だが。
それでもSとは違って来店客にも公平に入手出来るチャンスがあるだけ
マシだしSに関してはセールコーナーしか見る気がしないほど
いわゆる貴重盤やマイナー作品はオンライン優先なので利用価値は少ない。
僅か数年でここまでつまらない世界になるとは思わなかった。
CDの存在自体がもはや店にとっては在庫を抱える負担になっているのでは
ないだろうか、場所も占有するしたいして売れないしビジネスに
なり得ないアイテムになってしまっている今が嘆かわしい。
反対にオークションサイトを覗くとそれなりに珍しく価値のあるものは
底値から少しづつ需要が高まっているようにも思える。
外人が参加しているのも理由だろうけど(海外発送をしない出品者でも
最近はオークション落札代行業者がいるので問題ない)
万を超えるアイテムが目立ち始めているのは一極集中に他ならない。
間違いなく同じアイテムをSやPに買取に出しても良くて1000円レベルだ。
ならばオークションサイトやフリマサイトで処分したくなるのもわかる。
残念ながら体力を持たないリアル店舗ではもう正当に買取査定を
してはくれない、昔は店頭でもそれなりに買取価格を提示してくれたが
時代が変わってしまった、薄利多売の悪い側面ばかりが目立っている。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント