FC2ブログ

航星日誌

僕は音楽を聞き始めた頃からCDが主流になりつつあったので
レコードは一切買ったことがない(企画系は除く)。
X(現X JAPAN)はジャパメタ(ジャパニーズメタルの略)と
所謂当時はお化粧バンドとか髪立て系と言われるシーンの
丁度中間にあったアーティストだと思うが僕は以前のジャパメタを
全く通ってなかったのでそれは今思えば逆に良かった気がする。
80年代の本当の末期から音楽に触れ始めて全く右も左もわからず
教えてくれる人もいなくて、ただ衝撃を受けたって理由だけで
Xの『BLUE BLOOD』を購入して何度も数え切れないくらい聞いた。
前にも後にもXのアルバムはリリースされているが僕にとっては
『BLUE BLOOD』がバイブルでありやはりこれを超える作品はない。
絶対叶うことはないがもう一度真っさらな気持ちでこのアルバムを
聞けたらいいのにと思う、あの頃衝撃を受けた感覚をもう一度、と。
Xから始まって僕は現在進行形でついていくのが精一杯だったので
80年代のジャパメタを後追いで聞くこともしなかったし、それほど
興味がなかった、それはいかにもTシャツ姿で洋楽かぶれのような
バンドが多かったしシーンも移りつつあったので聞く必要もなかった。
当時はバンドブームと相まってたくさんのバンドがタケノコのように
次々と出て来たのでそれらを片っ端から聞き漁るだけで大変だった。
今でこそパッと聞けばどういうバンドなのか、どういう音楽性なのか
ある程度把握することは出来るがまだ当時は音楽の「お」の字も
わかっておらず何度も繰り返し聞くことでしか理解出来なかった。
信じられないかも知れないが僕にもこういう素人な時代もあった。
当時は情報源が限られていて深夜ラジオも貴重なツールだった。
目黒にあったTというお店が土曜日の深夜にラジオ番組をもっており
毎週楽しみにしていて前半はゲストコーナーなのだが(申し訳ないが)
あまり興味のないアーティストが出て来た時は結構退屈な時間だった。
後半はTのお店の宣伝とか入荷した貴重盤の紹介などをしていて
深夜の4時代、もうほとんど朝に近い時間帯だったが睡魔と
戦いながらラジオにかじりついては色々メモをしていた。
毎月お店の売り上げランキングを予想してそれをハガキに送って
見事当てると店内の新譜をプレゼントしてくれるという企画があり
毎月応募していたのだが残念ながら一度も当たることはなかった。
それでも熱心に番組の感想の手紙などを書いてたらいつのまにか
常連リスナーに見られて定期的に手紙が番組内で読まれるようになった。
いちいち貴重盤のうんちくを書いてたので目立ったのだろう。
ラジオから自分の書いた手紙が読まれるなんて不思議な感じだった。
プレゼントと言えばミニコミやフリーペーパーはそもそもの読者が
少なくて応募すると結構な確率で当たっては色々送られて来た。
中には今驚くような価値がつくものもあったりする。
ネットの時代が来ると今度はメールでプレゼントの応募があった。
あるバンドの会場限定作品がプレゼントのラインナップにあって
P氏とR氏にも「応募しなよ」と誘ったら僕を含めて全員が
当選して大笑いしたこともある、あれは本当に運が良かった。
もう今はそういう企画も減ってしまっているしプレゼントと
言えばサイン入りチェキが多くてとても応募する気になれないが。
本当になんか面白い時代を生きれたなって思う。
もうそれだけでも感謝しなきゃいけない。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント