FC2ブログ

航星日誌

前回Pで購入してから一ヶ月過ぎた、この一ヶ月まるで欲しいものがなく買い逃しすらない。
一応毎日更新リストはチェックしているが有りがちなものばかりの入荷で売れてる気配もない。
非常に危ういと思う、恐らく年を超えてますます中古の入荷が厳しくなっているのだろう。
基本的に夏と冬を境に徐々に中古屋への売却が減っているようだ、Hでもそんな話をしていた。
だから今年の夏が過ぎれば今よりもっとシビアな状況が待っているのは間違いない。
今年は消費税が上がるし中古屋の閉店、またはネットショップへの移行があるかもね。
Hと言えば一体いつまで閉店の告知をHPに載せてるんだろうか、移転ならば掲載を継続する
意味もあると思うのだが何ヶ月も前に閉店しているのだからいつまでも載せる必要がないはず。
そういうところが僕の憤りを加速させる要因なのだ、全くもって無神経な店だと思う。
そのフラッグシップ店であるSに先週末も訪れたのは更新を見た方ならわかると思うが、
追記にも記述した通りシーンの中でも知名度の高い作品しか買えてない事実がある。
会場限定とか配布作品とか90年代の貴重盤などマニアックなアイテムはネット出品で
優先に扱われているし店頭取り置き期間は何度も書いてるが現在はその日限りという
極めて無茶なシステムなので来店客をないがしろにしてるとしか思えない。
結果、一部のアイテムはオークションサイトに巣食う輩に転売されてしまっている状況を
店側はわかっているはずなのにそのシステムを今後も踏襲するのならばますます客は離れる
(Pもオンライン同時出品だと思われるが店頭受け取りが可能なのでSの100倍はマシ)。
なのでSは店頭セールコーナーしか見る価値のない店舗なわけだが未開封の新譜が目立つ。
インストアイベント参加のために大量に買われたCDが持ち込まれているのだろう。
もやはSやPはイベント参加のためだけに購入されたCDの墓場になっている。
全く嘆かわしいことだがイベントに興味のない層には安くCDが買えるという徳もあるが。
何ともお店に足繁く通う時代ではない、気が向いたら行けばいい、宝物なんてないのだから。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント