FC2ブログ

航星日誌

ブームの名残りで90年代末期はV系関連の月刊誌が未だ複数出版されていた。
その中の確かFという雑誌には毎号各専門店がお勧めするCDが3枚掲載されていたのだが
Oのコーナーは実は僕が書いていて、大抵月初めにお店に行くと店長のSさんから
「Fから原稿依頼来てるから今月も頼むね」とFAX用紙を渡されるのが習慣になっていた。
お店で扱う新譜なら何でもいいというのが条件だったからかなり個人的な趣味に走った。
他店はいわゆる知名度の高いアーティストの新譜を載せていたが(店頭イベントを行うとか
政治的な思惑もあると思うが)Oに関してはそういう大人のしがらみが一切なかった。
なのでグルグル映畫館の1stCD『何処の青さに君、負けた。』も選抜した。
あのCDは他店が10枚ほどだったことに対してOだけが200枚近くオーダーを出して
メンバーが驚いた経緯がある、僕の推薦もあったがSさんの先見は流石だと思った。
そして僕に原稿を書かせると言うのもSさんのロックなエピソードを感じさせる話だ。
Sさんは決して愛想がいいタイプではなくどちらかというと怖いイメージの店員さんで
あったが何年も通っているうちに僕の趣味を覚えてくれて「こんなの入ったよ」とか
「今度こういうのが入るよ」とか話しかけてきてくれるようになった。
Sさんには色んな話を聞かせてもらってオフレコな内容でも結構話してくれた。
そのうち閉店時間までいて、その後Sさんと食事にも行くようになった。
ベロベロに酔った時はお店のすぐ近くのSさんの家にも泊めてもらった。
Sさんには本当に感謝しているし優しいお兄さんみたいな、そんな感覚だった。
だからOの閉店の話を聞いた時はとてもショックだったし、とても寂しかった。
初めてOに行った時はとても緊張した、雑居ビルの2階にあって店内はとても狭く
盗難防止のシステムもなかった時代なので常に店員さんに動向を見られてるようで
ドキドキしながらCDを選んでいた記憶があるし、Oの壁には万引き犯の名前と
学校名がでかでかと張り出されていて、それも緊張に輪をかけていた。
その張り紙は結局閉店まで貼ってあったがSさんに「いい加減剥がさないんですか」と
聞いたら「まあめんどくせえしな、前の店長の時代に貼ったものなんだよ」と言ってた。
閉店する頃には色々非売品のグッズや余ったCDやデモテープをたくさん頂いたのだが
一番嬉しかったのは1枚の写真だった、それはOが以前雑誌の取材を受けた時に
お店の外観を雑誌社に同行したプロのカメラマンが撮影した写真だった。
何度も見上げた看板が写っているその写真は今でも僕の宝物の一つだ。
その写真を見るたびにSさんとの楽しい日々の記憶が蘇る。
Sさんはあまり感情を出さない人だったが一度バンドマン数人と僕と飲んでた時に
とても酔ったSさんはそのバンドマン達に向かって僕のことを「こいつはなあ、すごい
いいやつなんだよ、ほんとにいいやつなんだよ」って紹介してくれたのが嬉しかった。
Sさんとは今は残念ながら連絡が取れない状態にあるが、いつかまた僕の携帯に
電話をしてきて「おっ、飲み行こうぜ」って言ってくれるのをずっと待っている。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント