FC2ブログ

航星日誌

Yの買取中止に続きIも買取中止に、今後は買取はSに集約されるようだ。
単純に買取が減っているのが要因と思われる、フリマに客を取られ続けているのだ。
以前も指摘したように同種のCDが複数枚在庫があると買取価格は極端に下がる。
それがシングルだろうがアルバムだろうが関係なく1円10円レベルであるならば
数百円でも需要があるフリマに走るのは当然だと思う、勿論リアル店舗は
家賃や人件費がかかるのでどうしても安く買い叩くのは仕方ないのだが...。
他の業種でもリサイクル系はフリマに客が流れているのでこれはCDに
限ったことではないから世の流れでもあるが当然今後はYもIもCDの
販売を縮小していくだろう、幸いにして両店ともにHのように独立した
スタイルではなく服屋の中にコーナーがあるといった店舗なので
そういう点ではまだ今すぐ撤去とはならないと思うが今後は未知数だ。
Yは一度も来店したことがないしIに限っては数年行ってないので
特段僕には何の影響もないしCDの購買意欲が失せている現状では
何も思うことがない、N氏からこの話を聞いても「ふーん」程度であった。
個人的にはSとP、あとはLH辺りが残れば他は淘汰されても別にいい。
Pに関しても厳しいとは思うがリユースDVDも並行して販売を始めたし
営業時間も延長されたことから何とか店としては数年は生き残るのでは。
Pの良いところはオンラインの商品も店頭で受け取れることにある。
このシステムがないのならば全く利用価値はないのも微妙な部分だが。
それでもSとは違って来店客にも公平に入手出来るチャンスがあるだけ
マシだしSに関してはセールコーナーしか見る気がしないほど
いわゆる貴重盤やマイナー作品はオンライン優先なので利用価値は少ない。
僅か数年でここまでつまらない世界になるとは思わなかった。
CDの存在自体がもはや店にとっては在庫を抱える負担になっているのでは
ないだろうか、場所も占有するしたいして売れないしビジネスに
なり得ないアイテムになってしまっている今が嘆かわしい。
反対にオークションサイトを覗くとそれなりに珍しく価値のあるものは
底値から少しづつ需要が高まっているようにも思える。
外人が参加しているのも理由だろうけど(海外発送をしない出品者でも
最近はオークション落札代行業者がいるので問題ない)
万を超えるアイテムが目立ち始めているのは一極集中に他ならない。
間違いなく同じアイテムをSやPに買取に出しても良くて1000円レベルだ。
ならばオークションサイトやフリマサイトで処分したくなるのもわかる。
残念ながら体力を持たないリアル店舗ではもう正当に買取査定を
してはくれない、昔は店頭でもそれなりに買取価格を提示してくれたが
時代が変わってしまった、薄利多売の悪い側面ばかりが目立っている。

航星日誌

かつてLa:Sadie'sの『objexxx』はコレクター垂涎の殿堂入りアイテムだった。
これは96年12月20日に西九条BRANDNEWで行なわれた初ワンマンで配布された
縦長シングルで奇しくも当日の重大発表で僅か1年程度の活動の解散発表となった。
限定300枚と公表されているが一部デッドストックも出回ったので実際の生産数は
もう少し多いとは思うがそれでも実物を欲しがるコレクターが後を絶たなかった。
Fでは当時2万円で販売されており入荷しては即売り切れが繰り返されていた。
ピーク時には5万円程度でも取引されるような、そんな珍しい作品であったし
特にダーク系を好む男性リスナーからも支持が熱くシーン屈指の貴重CDだった。
ここまで過去形で語っているがその理由は数年前にオークションサイトで
この作品が繰り返し出品され、平均で3000円程度で購入出来るケースが
多くN氏も1枚入手したので色々と特徴を聞かせてもらった思い出がある。
印刷具合はオリジナルと色味が若干異なり盤面にMade in XXXXXの
刻印が施されており、察するに海外プレスで制作されたようだ。
結局出品者の情報が出回ることで流出先が明らかとなってしまったが
個人的には勿体無いなあと思う、それは自らにしてその価値を激減させて
しまって折角市場でも人気アイテムであったのに目先の収入に眩んで
2ndプレスというか公認海賊版というか、勿論政治的な理由だとか
性質上、おおっぴらには販売出来ない事情も理解は出来るのだが
ああいう形で海外盤をバラ巻きオリジナル盤までの価値を下げるとは...。

航星日誌

連休中にDUの貴重盤放出な特集セールが行なわれたとN氏から後日聞いた。
正直DUは全く管轄外なのでセール情報すら全くチェックしてなかった。
掲載されているリストを見たら有名どころが多いが90年代の貴重盤が
それ相当に揃っている印象を受けた、価格設定は決して安くはないが。
SやPといった専門店は比較的近年の作品が多くて90年代の作品を
中心に集めるには適してないが今回のDUのようななかなか普段見ない
作品を網羅した特集セールは一気に集めるには良い機会だったと思う。
DUに安定した買取が続けば今後SやPを脅かす第三の勢力になる
可能性も捨てきれない、DUは精鋭の店員が揃っていることで
定評があるし知識量もそれなりにあるので本気を出せばいい線いける。
今回DUがこれだけ揃えられたってことはどこかのコレクターが
大量売却したのではないだろうか?なかなか現代じゃ早々に
揃えるのは不可能だと思うし古くから聞いていたリスナーだろう。
中には未開封ものもあったし結構大事に集めていた印象を受ける。
今月いっぱいオムニバス特集、デモテープ特集、縦長シングル特集と
続くので一応公開されるリストには目を通そうと思う。
正直デモテープなどはそこまで珍しいものは期待出来そうもないし
捨て値で売られることもないだろうから拍子抜けの可能性もあるが。

航星日誌

以前警鐘を鳴らしたオークションに出品されたSのデモテープ4本だが
結局何れも万を超える結果にはならなくて安堵をしている。
あんな粗悪なものが数万で取引されたら何か悲しいしやるせないだろう。
オリジナルは個人的に数万の価値が思うがそう簡単に出てこないだろうし
所持してるコレクターはまず手離さないだろうから次の出品は全く見通し不明。
ところで例の出品者は今度はLのデモテープ2種を出しているが
あれもまあ見る人が見ればわかる偽物なので「こういう人なんだ」と痛感。
また他にも怪しげなものを出してきそうだから要注意。
しかしまあテープはCD以上にレア艦があるというか独特のオーラがある。
アナログだから音は劣化するし保存もめんどくさいし再生機すら
所持してない人が多いと思うがアイテムとしてはコレクター意欲を唆る。
勿論それだけ手間がかかるものだけあって需要は一部に限定されるし
このシーンのデモテープの約9割は価値がなく基本的に見向きもされない。
ごくわずかの1割程度のアイテムだけが垂涎の眼差しを集めているのだ。
それゆえに海外コレクターも狙っているしテープ自体扱う店舗も
知る限りだとAとPくらいしかないしそれこそマイナー作品であれば
買取価格も非常に安いから結局のところオークションなどに出品されて
入札が集中し結果的に平均的な市場価格を超えることも少なくない。
逆に9割は価値がなく欲しがる人も少ないのでオークションサイトに
定期的に出品される数十本のセットなどは所持してない人にとっては
とても安く手に入るのでコレクションの本数を稼ぎたいならお勧めだ。
特に後追い世代のリスナーは安く買えるし手が出しやすいと思える。
ただし歌詞カードなどの付属品の有無はオリジナルを知っていないと
欠品を摑まされることもあるのでその辺は慎重に吟味するべき。
CDはジャケットと歌詞カードが一体化していることが主なので
まず紛失は基本的に考えられないが(一方で逆に帯は紛失しやすい)
テープの場合は歌詞カードが独立していることが多い。
一番有り難いのはジャケットの折り返しに歌詞が記載されている仕様だが
曲数の多い作品だとそうもいかないのでやはり前述の通り独立型となる。
そういえば一度だけ新品で購入したデモテープに歌詞カードが
入ってないことがあって「これはそういう仕様なのかな」と思いつつも
購入店に問い合わせると欠品扱いで後日歌詞カードだけ受け取ったことも。
全くデモテープは奥深く面白いアイテムだと思う。しかしながら
現在は入手ルートが本当に限られているので集めるのは四苦八苦する。
だからこそ「欲しい」「欲しい」という声が上がるわけだが...。
ちなみにPは何故か高額のデモテープだと偽物の可能性がかなり疑われるが
マイナー作品に限っては売る側も1円やら10円で買い取られるのが
わかってるだろうしまず偽物なんて持ってこないだろうと推測している。
過去に10本か20本くらいは購入しているがどれも恐らくオリジナルだろうし
勿論元々の仕様から甘い完成度のものもあるがそれが偽物とは思えない。
欠品があれば対応してくれるしアフターケアが適当な個人売買よりは
安全だがその一方で1点ものばかりだから即売り切れになってしまうが。
事実、珍しいものはまず再入荷は期待出来ないし以前Pで入手したCDや
デモテープのマイナー作品のほとんどが購入以降見掛けない。
もしあの時買えなかったらと思うとゾッとするばかりだ。

航星日誌

X屋(仮)の倒産が複数のネットニュースにも掲載されて大騒ぎになっている。
相当数のインストアイベントの予定を残した突然の閉店だけあって
関係各所や予約をしていたユーザーはどうなるのか困惑し切りだろう。
既に幾つかのイベントは他店と同時開催など振り替えの対処は取られたようだが。
あまり早い対応に以前より水面下で打診してたんじゃないかと勘ぐりたくもなるが。
しかし他店が対応って専門店同士の組合でもあるのかしらね?もしもの時のために。
その辺は邪推でしかないが個人twitterは残すと公言してから
舌の根も乾かぬうちに削除して音沙汰なしとは一体どういうことなんだろう。
それだけ切迫しているのかも知れないが運営方法に問題があったのは店側で
買い物だけをしているユーザーには内側のドタバタなんて無関係であり
誠意を持って予約者に対処するとか最後の後始末くらい出来ないかねと呆れる。
日頃専門店ならではの殿様商売をしていたくせに随分調子のいい話だな。
あんなふざけた店の常連でなくて良かったと心から安堵しています。
今年に入って(昨秋のH閉店も同じ理由だと思うが)あちこちの店舗で
支店が閉店だの親会社が倒産だのといったシーンの今後を脅かす衝撃的な
ニュースが続いていて全く見通しは悪く今後も同じようなことが起きそう。
Zは連休中に開催していたセールを継続、正直今の消費者はコレクターでもない限り
70%引きといっても自分が好きなアーティスト以外興味ないんだから買わない。
そもそも専門店で購入する半数はインストアイベント目的のユーザーなのだから
CDそのものはどうでもよくて付属してくるイベント参加券の方が大事なのだ。
そんな悪しきビジネススタイルが定着してしまったシーンには未来はない。
新規のユーザーだってそう簡単に入って来ないし、ユーザーを惹きつける
パワーを持ったアーティストも本当に少ないしトップが不在のまま。
ブームになった頃のような強力な個性を持ったアーティストが何組もいなきゃ
シーン自体の底上げにはならないし、現在も日々タケノコのように新人が
出てきてはいるけどそのほとんどが数年もしないうちに解散するのが
目に見えてるような浅いシーンに誰が何を期待するのだろうか。
僕はもう関わりがないし客観的に見ているが相当ひどい状況だと思う。
そのうち専門店という存在すらなくなるかもね、大手のショップの
1コーナーに置かれるとかその程度までに縮小されるのではないか。
完全にCDやシーンがなくなることはないがどんどん細々となっていき
アンダーグラウンドでしかなく何となく続いていくんじゃないかなあ。
コレクターもいなくなるだろうね、CDが手に入らなきゃ集めるものもない。
販売経路がなくなればなくなるほどコレクターは興味をそがれていく。
90年代の有名コレクター達は先見の明があったかもね、こうなることを
見透かして早々にシーンから離れてしまったけど彼らが正しかったのだ。
平成で始まり、平成で終わった、そう表現すべきだと思う。